“2017年8月29日新木場Studio Coastにて『UNIDOL2017 Summer』敗者復活戦/決勝戦 開催決定”
TOP about UNIDOL
UNIDOLとは、

大学対抗の女子大生アイドル日本一決定戦です。
「UNIDOL」とは、大学対抗の女子大生アイドル日本一決定戦です。
その名称は、「UNIversity iDOL」に由来します。
その名の通り、「普通の女子大生が、一夜限りの"アイドル"としてステージに立つ」
というコンセプトのもとでコピーダンスイベントを開催しています。
近年のアイドル文化の盛り上がりと共に、様々なアイドルの曲で盛り上がれる場としても注目を集めてきました。
メインとなる年2回の大会に加え、1年生や初出場チームの大会「UNIDOL Fresh」や、
卒業生のラストステージとなる「UNIDOL 卒業コンサート」などのスピンオフイベントも開催しています。
2016年度のイベント総動員はついに20000人と突破し、今もっとも熱い学生イベントとして話題を呼んでいます。
(※女子大生でアイドル活動をしている人を”ユニドル”とは呼称しません。)
これまでは夏大会は6月、冬大会は12月にエリア予選を実施しています。
各地方エリアで予選を行い、決勝進出チームを決定します。
そして、夏大会は8月、冬大会は2月に敗者復活戦・決勝戦を同日同会場で開催しています。
敗者復活戦では、エリア予選で惜しくも勝ち上がれなかったチームが決勝出場枠をかけてパフォーマンスを行い、
決勝戦では、各エリア予選を勝ち抜いた強豪チーム同士が優勝を目指して熱い闘いを繰り広げます。
各エリア予選、敗者復活戦、決勝戦は、審査員得点と観客投票の合計点によって順位を決定します。
(各大会によって審査員点と観客票を合計する際の比率は異なります。)
全国に広がる「UNIDOL」
UNIDOLは、2012年に第1回大会を開催して以来、年々その規模を拡大しています。
関東でスタートしたUNIDOLは、今や全国へと広がりを見せ、「日本一の学生イベント」へと成長を遂げています。
その全国進出の第一弾として、2014年夏には関西大会を開催。続けて2014年冬には九州大会を実施し、
2015年夏には東海大会を開催しました。そして、2016年冬には北海道大会が開催され、
国内展開の最終目標である全国5都市展開を達成することが出来ました。
「UNIVERSAL」な「UNIDOL」へ
2017年度以降、台湾、上海、ジャカルタ、パリの4都市での海外大会開催を予定しています。
今後のヴィジョンとして3つの目標を掲げています。
1、日本文化としての「アイドル」を世界へ発信
今や「日本文化」として定着しつつあるアイドル文化を、「UNIDOL」を通じて世界へ発信します。
2、アイドルを軸とした大学生の国際交流
「アイドル」という共通項を通じた、大学生同士の国際的コミュニケーションの形を提案します。
3、日本の大学の世界的知名度向上
他国に加えて知名度が低いと言われる日本の大学を世界にアピールします。
以上の3点を主軸として、UNIDOL実行委員会は世界に目を向けたイベント作りを行っていきます。
UNIDOLの大会・イベントは、UNIDOL実行委員会が運営しています。
実行委員会のメンバーは全員学生です。
イベントそのものの企画・進行から、営業や広報、イベントに必要な動画や画像の制作まで、
イベントに関わる全てのことを学生が中心となって行い、
それぞれの分野で自分自身の成長を実感できます。
また、エリアにはそれぞれ独立した実行委員会が置かれ、
エリア大会の運営もそれぞれの実行委員が行っています。
実行委員のメンバーは大学も学年も様々ですが、
全員が1つのイベントの成功を目指し、それぞれが主体的に活動しています。
関東実行委員の所属大学(順不同) 東京大学、お茶の水女子大学、早稲田大学、慶應大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京女子大学、日本女子大学、同志社大学、立命館大学、関西大学、関西学院大学、名城大学、椙山女学園大学、北海道大学、札幌大学
ABOUT COMMITTEE
UNIDOL実行委員会とは
UNIDOL実行委員会では、新規メンバーを常時大募集しています。大学生・専門学生であればどなたでも大歓迎です。あなたも一緒に日本一のイベントを作り上げてみませんか?少しでも興味を持っていただけましたら、下記フォームよりお問い合わせください。
UNIDOL実行委員会では、新規メンバーを常時大募集しています。大学生・専門学生であればどなたでも大歓迎です。あなたも一緒に日本一のイベントを作り上げてみませんか?少しでも興味を持っていただけましたら、下記フォームよりお問い合わせください。
公式フェイスブック
公式ツイッター